交通事故にあったら?〜任意保険のメリット〜

0

    弁護士 西川です。

    今回は任意保険について執筆します。

     

    前回紹介した自賠責保険は,いわゆる人損を対象とする保険ですので,物損の場合,自賠責保険は使えません。また,人損であっても,自賠責保険は支払額の上限が決められているため,支払限度額を超える損害は填補されないのです。

     

    そこで,活躍?するのが任意保険(自家用自動車総合保険契約)というわけです。自賠責保険の加入が義務づけられているのと対比して,任意保険と呼ばれています。

     

    任意保険に加入するメリットは色々ありますが,

     _坦下圓砲覆辰討靴泙辰疹豺

    ◆“鏗下圓砲覆辰討靴泙辰疹豺

    とでそれぞれメリットは異なります。

     

    _坦下圓砲覆辰討靴泙辰疹豺

     

    まずは自賠責保険以上の額については保険対象になるという点です。

     

    具体的に言うと,例えば交通事故で怪我を負わせてしまったとします。この場合には,被害者は加害者の自賠責保険会社から最大で慰謝料120万円の支払いが受けられます。

     

    しかし,例えば,加害者が被害者に1年間病院に通院させるような怪我をさせた場合,本来ならば,被害者には権利として154万円の慰謝料請求が認められるため,加害者は自賠責保険で120万までしか支払いを肩代わりしてもらえず,任意保険に加入していない場合は,残りの34万円を加害者が直接支払わなければならなくなります。

     

    この場合に,任意保険に入っていれば,この自賠責の限度額以上の額(34万円)についても代わりに任意保険会社が支払ってくれるのです。

     

     

    被害者になった場合

     

    この場合のメリットは色々ありますが,意外と知られていないのは,

     

    弁護士費用特約というものです。

     

    これは何かというと,任意保険会社のサービスのうち,交通事故に遭い,賠償に関する示談折衝等を弁護士に依頼する場合の費用を支払ってくれるというオプションです。

     

    任意保険に加入する際,誰しも自分は事故に遭わないだろう。ましてや,弁護士に依頼することなんてないだろうと思って弁護士費用特約をつけない人が多いんです。私もそのうちの1人です。

     

    しかし,弁護士費用特約をつけておけば,保険会社にもよりますが,約300万円を上限に弁護士費用を保険会社が支払ってくれるのです。

     

    庶民派傾向になったとはいえ,まだまだ弁護士費用は發い里実情なのですが,弁護士費用特約に入っておけば,ほとんどタダで,弁護士に保険会社の提示額を増額してもらえるわけです。これにより,思った以上に,実際に手元に入ってくる金額が変わってきますよ。

     

    なお,弁護士費用特約の対象は自分だけでなく,同居の親族や配偶者なども対象となっている場合もありますので,交通事故に遭われた方は自分の保険だけでなく,家族の保険も確認した方が良いです。

     

    以上,保険会社の回し者みたいな記事になりましたが,今回はこの辺で失礼します。



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM