相続(2)-  疏蠡蛙佑亮鑪燹順位〜

0
     

    相続があったとき,誰が相続人となるのでしょうか。今日は,相続人の種類・順序についてご説明します。

     

    相続があったとき,誰が相続人となるかは,民法で定められています。
    この相続人を法定相続人と言います。


    そして法定相続人には,(1)配偶者相続人と(2)血族相続人がいて,この2本立てとなります。

     

    (1)まず配偶者相続人とは,被相続人の配偶者,つまり妻又は夫です(民法890条)。
    配偶者相続人は,常に相続人となります。
    つまり,被相続人の妻又は夫は必ず相続人となるわけです。

     

     

    (2)次に血族相続人は,被相続人の子またはその代襲者,直系尊属,兄弟姉妹またはその代襲者です(民法887条,889条)。

     

    そして,この血族相続人には次のような順位があり,
    前順位の者が一人もいないといった場合に,次順位の者が相続人となるのです。

     〇劼泙燭呂修梁綵閏國直系尊属→7残鏤佶紊泙燭呂修梁綵閏

    ところで,代襲者というのは,代襲相続によって相続人となる者を言います。

     

    代襲相続とは,例えば,子が被相続人よりも先に死亡している場合に,その子が生きていたら相続したはずの相続分を,死亡した子の子(つまり被相続人の孫)が代わりに相続する場合などを言います(民法887条2項)。

    なお,再代襲相続というのですが,死亡した子の子も先に死亡している場合には,さらにその子(つまり被相続人の曾孫)が相続します(民法887条3項)。

     

    そしてこの代襲相続は,被相続人に子どもや直系尊属がいないため,兄弟姉妹が相続する場合にも起こります(民法889条2項)。

    ただ,兄弟姉妹の代襲相続は一代限りで,再代襲相続はありませんので,注意が必要です。

     

    以上を前提に,次の事例を考えてみましょう。


    被相続人Aには,妻B,子どもC,Aの父Dがいます。相続人は誰でしょうか?

    まず,’朸者相続人は常に相続人となりますので,Bは相続人となります。
    次に,血族相続人としては第1順位の子Cがいますので,Cも相続人となります。
    しかし,Aの父Dは,第1順位の子Cがいるため相続人にはなりません。
     
    よって,相続人はBとCということになりますね。

     

    以上,相続人の種類・順序について,簡単に説明しました。



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM