相続(1) 〜相続とは〜

0
    相続とは,人がその生を終えたときに,その人に帰属していた権利義務や財産を一定親族関係にあった者に受け継がせる制度です。
    法律上,亡くなった方を「被相続人」,権利義務を受け継ぐ人を「相続人」と呼びます。

    誰でも,親族が亡くなったときには相続人として,そして最後には自己が被相続人として,相続を経験することになります。そんな,身近だけれどよくわからない相続について,これから回を分けてお話をしていきたいと思います。


    まず今回は,相続の全体像について。

    被相続人の財産が相続人に受け継がれるには,
    ^筝製颪砲茲衄鐐蠡蛙佑決める
    ¬泳,傍定されているルールに従う
    という2つの方法があります。


    遺言書があれば遺言書が優先します。
     筬△隆愀犬任垢諭

    遺言書で,相続人以外に財産を受け継がせることもできます。これを「遺贈」といいます。
    もっとも,一定の相続人には,遺言書でも奪えない「遺留分」があります。


    遺言書が残されていなかったときは,民法のルールに従って相続することになります。

    民法では,誰が,何を,どれだけ相続するかについて,
    それぞれ,「相続人」,「相続財産」,「相続分」という基本ルールを規定しています。

    相続人が2人以上いる場合には,「共同相続財産」を「遺産分割」するという手続が必要になります。

    借金などの方が多く相続したくない場合や,相続人がいない場合についても,民法に規定があります。


    これらについて,これから少しずつお話ししていきたいと思います。


    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM